上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不妊治療の内容になっていく、カテゴリ『次に向けて』です。

愚痴っぽい内容の時もあるので、読みたくない方はスルーしちゃってくださいね。


・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

卵胞チェックに行ってきました。

予約が取れなかったので、待ち覚悟で行きましたが、意外に早く呼ばれてホッ。
今回は小説も、数ページ読み進みました(笑)


周期26日目。

d-110304 (2)

卵胞も随分大きくなってます。

どちらが左右の画像なのか分かりませんが
(見方を忘れてしまいましたf^_^;)
左右それぞれ育っています。

21.4mmと23.9mmの卵胞あり。

そろそろ排卵時期との事で、HCGを打ってきました。

体内のLHを高める→排卵を促す
黄体を刺激して黄体ホルモの分泌を促す
(基礎体温の高温期を安定させる)

効果があるようです。

今日の注射は、さほど痛くありませんでした。
薬の種類によるものか、打つ側の腕なのか・・・
(先日の看護師さんとは別の方が打ってくれました*
ちなみに、以前書いた『相葉君』似の^^)



つい色々調べてしまって、卵胞が大きく育っても、中が空洞~って事もあるみたいですね。。
それってエコーで分かるのかなぁ。

それと、排卵直後なんてことも、ないのかなぁ~
今朝の基礎体温は36.25度で、まだ低温期だから大丈夫とは思うけれど。

とりあえず先生には何も言われてないですが。


d-110304 (1)

子宮内膜も9.6mmと、受精卵が着床しやすいと言われる8mmを超えて厚くなっていました。
良かった~

それにしても、エコー画像を見ても、どこからどこが内膜の様子なのかなんて、先生がクリックした+印がないとさっぱり分かりません^^;



次は月曜に、排卵したかどうかのチェックに来院予定です・・!



今回、再診料、注射、検査(内診)で3割負担、1820円でした。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。